未来社、サイトをリニューアル(2009-08-06)

screenshot

学術書の出版社としては老舗の一つである未来社がサイトをリニューアルした(2009-08-06)。

未来社
http://www.miraisha.co.jp/
未来社の過去のサイト
http://web.archive.org/web/*/http://www.miraisha.co.jp/
・「HPをリニューアルいたしました」(未来社、2009-08-06)
http://www.miraisha.co.jp/topics/2009/08/post-4.html

同社のサイトについては、もう2年前に以下のように述べたことがある。

未来社の西谷さんが少し前にこう書いている。

未來社ホームページへのアクセス数の増加に比例して購入書籍の冊数、金額がさほど上昇しないのは書籍購入へのインセンティブの不足にも原因があったのではないかと最近は思うようになった。『早稲田古本屋街』が著者の署名付き(希望すれば)というプレミアム販売でもあったからかなりの注文があったわけで、読者にとってなんらかのプラス要因のようなものがあれば、読者の直接購入をもっと喚起することができるのではないか。その観点から今後は、品切れ本のオンデマンド化など、読者へのサービスの質もくわえてホームページの活性化をさらに考えてみようと思っている。

・「ホームページの活用再考」(未来の窓116)
http://www.miraisha.co.jp/mirai/mado/backnb/mado2006.html#116

確かにそういった施作も必要だろうが、未来社のサイトの場合、まずはサイトのつくり方に課題があるのだが……。SEO対策を論じる以前に使いにくいが、なんとかならないものだろうか。

・「出版PR誌は情報の宝庫」(編集日誌、2007-11-20)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20071203/1196614091

今回も同社の社長である西谷能英さんが、

・「未來社ホームページのリニューアル」(未来の窓150)
http://www.miraisha.co.jp/mirai/mado/mado2009.html#150
・「リニューアル後の未來社ホームページ続報」(未来の窓151)
http://www.miraisha.co.jp/mirai/mado/mado2009.html#151

を書いており、アクセス数が大幅に向上したことを伝えている。当然過ぎる結果とは思うが、やらないまま放置しているよりは一歩前進だろう。ぜひ、小規模出版社のウェブ活用の成功例になってほしいものだ。

ただ、リニューアルにあたって、たとえば、

デリダの部屋(過去のサイト)
http://web.archive.org/web/*/http://www.miraisha.co.jp/derrida/

のようにこれまであったページを削除し、またURLを変更してリンク切れを多発させているのは惜しい。

ともあれ、出版社のサイトにはまだできることが多々眠っている。たとえば、「未来の窓」の活用一つで、リニューアル後の10倍のアクセス程度で驚いている以上の効果が現れるはずだ。出版社の力がどれだけウェブで発揮されるのか、注目したい。

吉川弘文館、サイトをリニューアル(2009-07-**)

screenshot

歴史書出版の老舗として知られる吉川弘文館がサイトをリニューアルした(2009-07-**)。

吉川弘文館
http://www.yoshikawa-k.co.jp/
吉川弘文館の過去のサイト
http://web.archive.org/web/*/http://www.yoshikawa-k.co.jp/
・「小社ホームページをリニューアルしました!」(吉川弘文館
http://www.yoshikawa-k.co.jp/news/n352.html

「以前の迫力が懐かしい」という声も出るほど、以前のサイトにはインパクトがあったが、フレーム構造をとりやめたことは評価したい。

・「吉川弘文館がサイトをリニューアル」(笠間書院のブログ、2009-07-03)
http://kasamashoin.jp/2009/07/post_1021.html
http://kasamashoin.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3613

歴史学に限らず、人文系出版社のトップランナーの一つとして、吉川弘文館には引き続き活発な情報発信を期待したい。特に、

・月刊雑誌『日本歴史』のご案内
http://www.yoshikawa-k.co.jp/news/nc353.html
・日本歴史学会 事業概要
http://www.yoshikawa-k.co.jp/news/nc356.html

といったコンテンツの充実はぜひお願いしたい。

なお、

・「Googleブック検索訴訟」和解に伴うご通知
http://www.yoshikawa-k.co.jp/news/nc350.html
・『国史大辞典』デジタル化における、ご執筆者(著作権継承者)ご承認に関するお願い
http://www.yoshikawa-k.co.jp/news/nc351.html

といった情報もあり、既存の出版産業のこれからの動向を気にかける方は必見だろう。

研究社、雑誌『英語青年』をウェブに移行し、『Web英語青年』を公開(2009-03-10)

screenshot

研究社が雑誌『英語青年』をウェブに移行し、『Web英語青年』を公開した(2009-03-10)。

・『Web英語青年』
http://www.kenkyusha.co.jp/modules/03_webeigo/
・「『英語青年』Web版移行のお知らせ」(研究社、2008-12-18)
http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/00_information/seinen081218.html
・片々録
http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/03_mag/sei-hen.html
・研究社
http://www.kenkyusha.co.jp/

従来の紙媒体での発行は2009年3月号をもって打ち切られ、オンライン・マガジンへと移行している。3月10日は「オンライン版発刊準備特別号」として公開され、以降毎月1日に更新されていく。『英語青年』は創刊100年を超える歴史ある雑誌であり、この媒体がウェブに移行したことは昨今の学術書籍・学術雑誌の動向を象徴しているといえるだろう。

2007-03-09(Fri): 情けは人のためならず−出版社による他社刊行物の紹介

東京大学出版会東大出版会メールマガジン(文系)の編集後記にこんなコメントがあった。残念ながらバックナンバーは公開されていないが、

南原繁二題」でもふれられていますが、岩波書店が「南原繁著作集」全10巻を、限定250セットでしています。南原の全著作をご覧になりたい方はこの著作集を、『文化と国家』『政治理論史』だけ欲しいのだがという方は、小会からこのたび刊行した新装版をお求めください。
なぜ東大出版会のメルマガで岩波書店の宣伝をするのだろう、と疑問を感じた方は、
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-001004-7.html
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2004860/index.html
を見比べてみてください。(と)

という内容である。

東大出版会メールマガジン(文系)
http://www.utp.or.jp/mm/index.html

東京大学出版会岩波書店が刊行する『南原繁著作集』にふれたことはえらいのだが、「なぜ東大出版会のメルマガで岩波書店の宣伝をするのだろう」という疑問を読者に持たれてしまうかもしれない、と思ってしまうところに出版社のPRに対する考えの甘さがないだろうか。別に同じ著者の本だから紹介することが文化的であると考える必要はなく、本を売ることを考えたときに、自社の本をより効果的にPRすることを考えればいいのだと思う。
実際、「東大出版会メールマガジン(文系)」の編集後記には、「『文化と国家』『政治理論史』だけ欲しいのだがという方は、小会からこのたび刊行した新装版をお求めください」とあり、岩波書店版の全集の存在にふれることで、あらためて著者である南原繁への関心を高めつつ、東京大学出版会が刊行している『文化と国家』と『政治理論史』の二著の魅力を語っている。まったくもって正しい。ただただ自社の本を広めることを考え抜けば、同じ著者による本、同じテーマの本に積極的にふれることが、本のマーケティングとして正攻法であるはずだ。
出版社が共同で特定テーマの図書目録(例「歴史図書総目録」)をつくるという手法もあるが(かつて私も教育書の総目録をつくる仕事をしていた)、そんな大がかりなことでなくていい。もっとニッチなレベルでよいので、同一の著者や類似のテーマの本を出版社の垣根を越えて紹介することが、最終的に自社の利益へとつながるはずだ。

新曜社、ブログ「新曜社通信」を公開

社会学・心理学系の学術出版社として知られる新曜社がブログ「新曜社通信」を公開した(2006-10-04)。同社はこれまでメールマガジン新曜社<新刊の御案内> 」を発行してきたが、あらたにブログの活用に乗り出したようだ。同社のサイトにある「掲示板再興」(営業部員のノートから、2006-10-04)を読むと、どうやら掲示板の代替として始めたようで、幾分戸惑いもあるようだ。しかし、出版社の発信手段としてブログは有用なツールとなる可能性を秘めている。ぜひ1999年10月14日の創刊から実に7年も継続してきたメールマガジン同様、息の長いコンテンツとして育てていってほしい。

新曜社通信
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/
・「Q メイロウィッツ「場所感の喪失」の下巻」(2006-10-04
http://shin-yo-sha.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/q_57db.html
メールマガジン新曜社<新刊の御案内> 」
http://www.mag2.com/m/0000018252.html
・「掲示板再興」(営業部員のノートから、2006-10-04
http://www.shin-yo-sha.co.jp/eigyou.htm
新曜社
http://www.shin-yo-sha.co.jp/

小学館、プロダクト図典サイト「NipponStyle」で「昭和の時代Vol.2 差異が会社を救う 経済新時代のプロダクト 1974−2005」を公開(2006-04-21)

小学館がプロダクト図典サイト「NipponStyle」で「昭和の時代Vol.2 差異が会社を救う 経済新時代のプロダクト 1974−2005」を公開した(2006-04-21)。今回公開されたのは1974年から2005年までの製品222点。

・プロダクト図典サイト「NipponStyle」
http://www.nipponstyle.jp/

くろしお出版、論文誌『リテラシーズ』の全文を公開

言語学の専門出版社・くろしお出版が論文誌『リテラシーズ』の全文を公開している(公開日不明)。創刊号以降、すべてのバックナンバーの掲載論文がPDF形式で電子化されている。

・『WEB版 リテラシーズ』
http://kurosio.mine.nu/21web/
くろしお出版
http://homepage2.nifty.com/kurosio/