2010-06-21(Mon): 7月は国立国会図書館のイベントに注目

すでにイベントカレンダーで紹介してきているが、7月は国立国会図書館で「お!」と思わされるイベントが立て続けに開催される。私が気になっているものを幾つか紹介しよう。

まずは、国民読書年を記念した

2010-07-13(Tue):
国民読書年記念講演会「図書館と読書−ドイツ・ヨーロッパの経験」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/bremenlecture.html

がある。バーバラ・リゾンさん(「ドイツの図書館と情報」前代表、ブレーメン市立図書館長)を迎えて、「ヨーロッパ、特にドイツの図書館による読書推進の取組」を語っていただくようだ。講演の後には、長尾真さん(国立国会図書館長)との対談も予定されている。日本で読書というと、またこれまでの国民読書年関連の催しをみていても、子ども向けや文学限定という香りを感じ、そこに不満を持っているだけに、当日リゾンさんがどのようなヨーロッパやドイツの経験を語るのか非常に気になる。

次は、

2010-07-16(Fri):
国立国会図書館講演会「電子図書館の可能性」
(於・京都府国立国会図書館 関西館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/dl_future.html

だ。内容は以下の通り。

長尾真さんをはじめ、国立国会図書館からの講演・報告も気になるが、ここはあえてパネルディスカッション「電子図書館の可能性」に注目したい。というのも、パネリストに仲俣暁生さんが入っているからだ。

・【海難記】 Wrecked on the Sea
http://d.hatena.ne.jp/solar/
マガジン航
http://www.dotbook.jp/magazine-k/

手前味噌ではあるが、仲俣さんは来月刊行予定の『ブックビジネス2.0−ウェブ時代の新しい本の生態系』の編者を一緒にやらせていただいている。仲俣さんとは実は自分が編集者をしていた頃からの知り合いなのだが、まさか10年以上を経て、このような形で仕事でご一緒できるとはまったく想像していなかった。

ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系

・岡本真、仲俣暁生編『ブックビジネス2.0−ウェブ時代の新しい本の生態系』(実業之日本社、2010年、1995円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108537/arg-22/

ワイアード」日本版、「季刊・本とコンピュータ」等、一貫してウェブと本を巡る仕事をしてきた仲俣さんが「電子図書館の可能性」をどう語るのだろうか。これは楽しみなイベントだ。

ちなみに、今回は国立国会図書館の東京本館ではなく、関西館での開催である。そして、「当日の様子はウェブにて中継予定」とのこと。記憶の限りでは、関西館で実施する催しがインターネットで中継されるのは初めてのことではないだろか。この点でも大いに気になっている。

そして、下旬には、

2010-07-27(Tue):
国立国会図書館講演会「セマンティック・ウェブと図書館:機械が情報を読む時代へ」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/bib_lecture_h22.html

が開催される。登壇者は、

の3名。学会のような場を別とすれば、日本の図書館業界でセマンティック・ウェブと図書館をテーマにした催しは初めてではないだろうか。これは必見・必聴。私も参加する予定。

国立国会図書館、近代デジタルライブラリーの「資料あれこれ」にコンテンツを追加(2010-01-14)

screenshot

国立国会図書館近代デジタルライブラリーの「資料あれこれ」にコンテンツを追加した(2010-01-14)。

近代デジタルライブラリー
http://kindai.ndl.go.jp/
・資料あれこれ
http://kindai.da.ndl.go.jp/information/shiryo_arekore/shiryo_arekore_index.html
国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

追加されたのは、

・『吾輩ハ猫デアル』のパロディを読む
http://kindai.da.ndl.go.jp/information/shiryo_arekore/shiryo_arekore_5.html
・海外児童文学の翻訳書を読む
http://kindai.da.ndl.go.jp/information/shiryo_arekore/shiryo_arekore_6.html

の2本。「資料あれこれ」のページは、2008年8月26日に明治・大正期の図書約4600タイトル(約5700冊)が追加された際に設けられており、以来順次コンテンツが追加されている。

・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーに明治・大正期の図書約6800タイトルを追加(2009-08-25)」(新着・新発見リソース、2009-12-21)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20091221/1261406255
・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーに明治・大正期の図書約4600タイトルを追加(2008-08-26)」(新着・新発見リソース、 2008-09-15)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20080915/1221488638
・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーで大正期図書を追加」(新着・新発見リソース、2007-07-11
http://d.hatena.ne.jp/arg/20070711/1184086828
・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーでの大正期図書の公開を予告」(新着・新発見リソース、 2007-07-01)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20070701/1183295785
・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーをリニューアル」(新着・新発見リソース、2006-04-16
http://d.hatena.ne.jp/arg/20060416/1145167657
・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーに650件(約700冊)の資料を追加」(新着・新発見リソース、 2004-10-17)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20041017/1136271883
・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーに資料追加」(新着・新発見リソース、 2004-09-19)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20040919/1136273129

2010-02-03(Wed): 「情報探索サービスに関する報告書」説明会と若手有志による2次会に参加

あまり詳しく書くのはなんとなくはばかられそうな気もするのだが、自分の記録メモとして。

今日は午後から国立国会図書館の東京本館で「情報探索サービスに関する報告書」説明会という基本的には内部向けの催しにコメンテーターとして参加。いずれも外部の人間となる報告者とコメンテーター合計4名でしゃべりすぎてしまったような気もするが、まあ、それはそれでよかったのかとも思う。

その後は若手有志による2次会に参加。未知の方々も多く、いい交流の機会となった。2次会を催してくださった有志の方々に感謝。

2010-01-27(Wed): 2月中旬は国立国会図書館がイベント尽くし

すでに参加申込が始まっているが、来る2月16日(火)から19日(金)まで、国立国会図書館でイベントが連日開かれる。

2010-02-16(Tue):
第17回総合目録ネットワーク参加館フォーラム
(於・京都府国立国会図書館 関西館)
http://somoku.ndl.go.jp/forum.html#forum

2010-02-17(Wed):
第6回レファレンス協同データベース事業フォーラム
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_6.html

2010-02-18(Thu):
第1回公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/news/1188523_1484.html

2010-02-19(Fri):
ディジタル情報資源の長期保存とディジタルアーカイブの長期利用に関する国際シンポジウム
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20100219.html

すでに申込期限を過ぎたものもあるが、実際のところはまだ受け付けているようだ。開催会場は第17回総合目録ネットワーク参加館フォーラムが国立国会図書館関西館で、他は東京本館。ただし、ディジタル情報資源の長期保存とディジタルアーカイブの長期利用に関する国際シンポジウム以外は東京本館と関西館の間はテレビ会議システムでつながれ中継があるという。

私もさすがに4日間すべてには出れないが、第6回レファレンス協同データベース事業フォーラムと第1回公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議には参加する予定。

国立国会図書館国際子ども図書館、児童書デジタル・ライブラリーに約300タイトルを追加(2010-01-06)

screenshot

国立国会図書館国際子ども図書館が2009年12月末に児童書デジタル・ライブラリーに約300タイトルを追加したと発表した(2010-01-06)

・児童書デジタル・ライブラリー
http://www.kodomo.go.jp/ji-digi
・「児童書デジタルライブラリーに約300タイトルの資料を追加しました」(国際子ども図書館、2010-01-06)
http://www.kodomo.go.jp/news/2010-01.html
国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/
国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

今回追加されたのは、国立国会図書館所蔵の昭和30年以前の児童書。追加された正確なタイトル数は、293タイトルで、これで計1980タイトルを閲覧できるようになったという。ただ、できれば、今回追加された約300タイトルのリストを公開してほしい。同じことは、以前に同じ国立国会図書館が運営する近代デジタルライブラリーについても述べ、後に改善されたことがある。その際に、

近代デジタルライブラリーは明治期のデータ、大正期のデータそれぞれについて、図書をリスト化したCSVファイルを公開している。これもよい手本の一つだろう。ただ、願わくば国立国会図書館には、同じ館内のGood Practiceを学びあい全体で品質を高め整えていくようになってほしい。

・「国立国会図書館近代デジタルライブラリーに明治・大正期の図書約4600タイトルを追加(2008-08-26)」(新着・新発見リソース、2008-09-15)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20080915/1221488638

と述べているが、国際子ども図書館も「同じ館内のGood Practiceを学びあい全体で品質を高め整えていく」ようにしてほしい。なお、細かな点だが、「児童書デジタル・ライブラリー」という表記と「児童書デジタルライブラリー」という表記が混在している。サイトは「児童書デジタル・ライブラリー」となっており、一連のお知らせでは「児童書デジタルライブラリー」となっているようだ。些細なことのようだが、用語の統一を徹底すべきだろう。

国立国会図書館、Twitterの利用を開始(2010-01-05)

screenshot

国立国会図書館Twitterの利用を開始した(2010-01-05)。

国立国会図書館関西館図書館協力課 (ca_tweet) on Twitter
http://twitter.com/ca_tweet
・「Twitterでの情報提供サービスの試行を開始しました。」(カレントアウェアネス・ポータル、2010-01-05)
http://current.ndl.go.jp/node/15572
国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

すでに2009年12月から試行的に利用を開始していたが、2010年になって正式に告知されている。現時点では、「カレントアウェアネス-R」の見出しを中心としたつぶやきが多い模様。

なお、主な国立図書館Twitter利用事例は以下の通り。

・Library of Congress (librarycongress) on Twitter
http://twitter.com/librarycongress
・LawLibraryofCongress (LawLibCongress) on Twitter
http://twitter.com/LawLibCongress
・National Library NZ (NLNZ) on Twitter
http://twitter.com/NLNZ
・Nat Lib of Australia (nlagovau) on Twitter
http://twitter.com/nlagovau
・NLS (natlibscot) on Twitter
http://twitter.com/natlibscot
・NLI (NLIreland) on Twitter
http://twitter.com/nlireland

悉皆調査をしたわけではないが、国立図書館の世界でも、やはり英語圏を中心に利用が広がっていそうだ。

国立国会図書館、電子展示会「江戸時代の日蘭交流」を公開(2009-12-16)

screenshot

国立国会図書館が電子展示会「江戸時代の日蘭交流」を公開した(2009-12-16)。

・電子展示会「江戸時代の日蘭交流」
http://www.ndl.go.jp/nichiran/
国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

2009年は1609年に日本とオランダの間で交易が始まってから400年ということで、国立国会図書館とオランダ王立図書館がそれぞれ電子展示会を行うことにしたもので、すでにオランダでは、

・Het Geheugen van Nederland - The Netherlands-Japan
http://www.geheugenvannederland.nl/?/en/collecties/nederland_japan
・"Opening expositie Van hier tot Tokio - 400 jaar handel met Japan"(Koninklijke Bibliotheek、2009-08-20
http://www.kb.nl/nieuws/2009/vanhiertottokio.html
・Koninklijke Bibliotheek(Nationale bibliotheek van Nederland)
http://www.kb.nl/
・「オランダ王立図書館、日蘭貿易400年記念展示を開催」(カレントアウェアネス-R、2009-08-21)
http://current.ndl.go.jp/node/14081

が公開されている。

他方、国立国会図書館による「江戸時代の日蘭交流」は、「歴史をたどる」「トピックで見る」の2部で以下のような構成となっている。

  1. 「歴史をたどる」
    1. 日蘭交流の始まり
    2. 出島の商館
    3. 蘭学の興隆
    4. 日本の開国と日蘭関係
    5. コラム
  2. 「トピックで見る」
    1. 来日外国人の日本研究
    2. 蘭学者の活躍
    3. オランダ語の学習
    4. 海外知識の受容
    5. 幕末の西洋兵学受容
    6. 幕末オランダ留学生

内容は非常に充実し、かつわかりやすい。特筆すべきは、ところどころに上記のHet Geheugen van Nederland - The Netherlands-Japanで公開されている資料へのリンクがあることだろう。リンクによって世界各地に点在する資料を集約して見せるというのは、インターネット登場の初期から語られていたことだが、ようやく国立の図書館がこの段階まで来たことに感慨を覚える。

・「国立国会図書館、電子展示会「ブラジル移民の100年」を公開(2009-03-04)」(新着・新発見リソース、2009-04-07)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20090407/1239057728