埼玉大学共生社会研究センター、宇井純公害問題資料コレクションを公開

埼玉大学共生社会研究センターが宇井純公害問題資料コレクションを公開した(2005-07-19)。宇井純さんは日本の公害研究の第一人者。水俣病の水銀原因説をいち早く唱えたことで知られる。今回公開された宇井純公害問題資料コレクションは、宇井さんが寄贈したスクラップブック、テーマ別ファイル、市民団体発行誌など、約3万点の資料から成っており、その書誌情報を検索できる。

宇井純公害問題資料コレクション
http://www.kyousei.iron.saitama-u.ac.jp/mysqltest/ui_collection_beta.html
埼玉大学共生社会研究センター
http://www.kyousei.iron.saitama-u.ac.jp/
宇井純公害問題資料コレクション公開開始
http://www.kyousei.iron.saitama-u.ac.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=4
宇井純
http://www.okinawa-u.ac.jp/~ui/

2005-05-13(Fri):

埼玉大学共生社会研究センターに、「鶴見良行文庫」が開設されるという。記念シンポジウムも行われるようだ。同センターのサイトには、まだ文庫に関する資料は公開されていない。鶴見良行さんに関する資料といえば、丸井清泰さんが作成し、宮内泰介さんが公開している鶴見良行著作一覧がある。埼玉大学共生社会研究センターには、このような優れた先行例にひけをとらない発信を期待。

埼玉大学共生社会研究センター
http://www.kyousei.iron.saitama-u.ac.jp/
鶴見良行著作一覧
http://reg.let.hokudai.ac.jp/miyauchi/YoshiyukiTsurumi-Bib.html