情報通信研究機構(NICT)と東京大学図書館情報学研究室、「みんなの翻訳」を公開(2009-04-08)

screenshot

情報通信研究機構NICT)の言語翻訳グループと東京大学大学院教育学研究科図書館情報学研究室が「みんなの翻訳」を公開した(2009-04-08)。

・みんなの翻訳
http://www.trans-aid.jp/
・「独立行政法人情報通信研究機構国立大学法人東京大学による高度な翻訳支援機能を備えた多言語情報流通を促進する翻訳者支援・翻訳情報発信サイト 日本発! クリエイティブ・コモンズな翻訳者支援サイト「みんなの翻訳」一般公開」(情報通信研究機構NICT)、2009-04-06)
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h21/090406/090406.html
情報通信研究機構NICT) 言語翻訳グループ
http://www2.nict.go.jp/x/x165/
・椎茸プロジェクト
http://panflute.p.u-tokyo.ac.jp/~kyo/shiitake.html
東京大学大学院教育学研究科図書館情報学研究室
http://panflute.p.u-tokyo.ac.jp/

中心となる機能は、翻訳支援エディター「QRedit」で、利用登録すると、36万語を収録した三省堂「グランドコンサイス英和辞典」を利用しながら任意の文章を翻訳できる。作成した翻訳文は他人には公開せずに自分限定で使えるが、権利関係に問題がなければ、第三者に向けて公開することも可能。また、他の利用者に質問することもできる。

きざしカンパニーと京都産業大学、マニア/ファン指向ランキングを有するブログサーチエンジンの実証実験サイトを公開(2008-10-01)

screenshot

きざしカンパニーと京都産業大学がマニア/ファン指向ランキングを有するブログサーチエンジンの実証実験サイトを公開した(2008-10-01)。

kizasi京都産業大学 共同研究プロジェクト
http://kizasi.jp/labo/fansearch/index.py
・「「重要かつ信憑性の高いブログに、より容易に、より速く到達する」ことを目的としたブログサーチエンジンを開発、実証実験サイトを公開」(2008-10-01)
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h20/081001/081001-2.html
http://www.kizasi.co.jp/corporate/news_release/20081001_42.html
情報通信研究機構NICT
http://www.nict.go.jp/

これは情報通信研究機構NICT)が委託研究として実施している「電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発」のうち、課題アの「Webコンテンツの分析技術」として研究開発されている。

・「平成19年度 高度通信・放送研究開発委託研究に係る受託者の決定について−新世代ネットワークを推進する研究開発をはじめ、8つのテーマを委託」(情報通信研究機構NICT)、2008-01-29)
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h19/080129/080129.html

情報通信研究機構(NICT)、日本人妊娠女性の全身数値モデルデータベースを公開(2008-07-04)

screenshot

情報通信研究機構NICT)が日本人妊娠女性の全身数値モデルデータベースを公開した(2008-07-04)。

・数値人体データモデル提供のご案内
http://emc.nict.go.jp/bio/bio_human_model.html
情報通信研究機構NICT
http://www.nict.go.jp/

このデータは、無線機器が発する電波の人体への影響、特に妊娠した女性の体への影響を調べるためのものである。なお、利用には事前の申請が必要となる。

・「日本人妊娠女性の全身数値モデルデータの無償公開−胎児に対する様々な電波ばく露評価に利用可能」(情報通信研究機構NICT)、2008-07-04)
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h20/080704/080704-2.html
・「世界初の妊娠女性数値モデルを共同開発−電波の安全性評価に貢献」(情報通信研究機構NICT)、2006-08-24)
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h18/060824/060824.html

情報通信研究機構(NICT)、サイトをリニューアル(公開日不明)

screenshot

情報通信研究機構NICT)がサイトをリニューアルしている(公開日不明)。

情報通信研究機構NICT
http://www.nict.go.jp/
情報通信研究機構NICT)の過去のサイト
http://web.archive.org/web/*/http://www.nict.go.jp/

以前に比べると、大幅に使いやすくなった印象があるが、多用されている画像の多くにALTタグが入っていない。このため画像を読み込まなかったり、画像を読み込めない環境ではまともに利用できない。現状は、

・理事長あいさつ
http://www.nict.go.jp/about/message.html

に込められた思いに大きく反する。早急な対応をお願いしたい。

情報通信研究機構(NICT)、ITベンチャー企業ディレクトリ(企業情報データベース)を公開

独立行政法人情報通信研究機構NICT)が、ITベンチャー企業ディレクトリ(企業情報データベース)を公開した(2005-02-28)。総務省関係の事業認定や助成金等を受けた企業、同機構の情報通信ベンチャー支援センター交流ネットワーク会員企業などを検索できる。このデータベースの開発・公開は、日本経済新聞によっていち早く報道されたが、報道時点では、情報通信研究機構の新着情報(What's New)には掲載されておらず、数日後「ITベンチャー企業データベース運用開始」という記事が掲載された(2005-03-03)。一方、データベースを提供する同機構の情報通信ベンチャー支援センターの新着情報(What's New)には、「「ITベンチャー企業ディレクトリ」(企業情報データベース)を運用開始」(2005-02-28)という記事が掲載されている。日本経済新聞は、情報通信研究機構がデータベースを公開と報道し、情報通信ベンチャー支援センターにはふれていなかったため、同機構のサイトをみて、データベースをみつけられなかった利用者もいるのではないか。私自身もその一人だ。これでは、新聞報道によって得られた利用者獲得のせっかくの機会を逸したことになる。新しい事業の開始やデータベースなどの資源公開にあたっては、報道を受けてその情報にアクセスしてくる利用者が難なく、その情報にたどりつけるような情報発信が必要だ。今回の件についていえば、情報通信研究機構とその下部組織である情報通信ベンチャー支援センターの新着情報(What's New)に同じ日にお知らせの記事を掲載すべきであったろう。

・ITベンチャー企業ディレクトリ(企業情報データベース)
http://www.venture.nict.go.jp/directory/
・情報通信ベンチャー支援センター
http://www.venture.nict.go.jp/
独立行政法人情報通信研究機構NICT
http://www.nict.go.jp/

情報通信研究機構(NICT)、日本人平均成人男女の数値人体モデルデータベースを公開(2004-11-10)

情報通信研究機構が、日本人平均成人男女の数値人体モデルデータベースを公開した(2004-11-10)。「電波と人体との相互影響を調べるための日本人成人男女の平均体型を有する数値人体モデルデータベース」とのこと。

・日本人平均成人男女の数値人体モデルデータベース
http://www2.nict.go.jp/mt/b186/bio/bio_human_model.html
・日本人平均成人男女の数値人体モデルデータベース公開のお知らせ
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h16/041110-2/041110-2.html