レファクラ通信、第100号に到達(2009-10-06)

screenshot

日外アソシエーツが運営するレファレンスクラブのメールマガジン「レファクラ通信」が第100号に到達した(2009-10-06)。

・レファクラ通信
http://www.reference-net.jp/index_member.html
http://reference-club.cocolog-nifty.com/blog/
http://www.reference-net.jp/mailmaga/
・レファレンスクラブ
http://www.reference-net.jp/
日外アソシエーツ
http://www.nichigai.co.jp/

「レファクラ通信」の創刊は2004年11月29日。ほぼ月2回発行されており、図書館や電子出版に関する有用な情報源となっている。

日外アソシエーツ、最近の書誌図書関係文献を公開(2008-02-15)

screenshot

日外アソシエーツが同社の運営するサイト「レファレンスクラブ」で「最近の書誌図書関係文献」を公開した(2008-02-15)。

・最近の書誌図書関係文献
http://www.reference-net.jp/biblio_list.html
・レファレンスクラブ
http://www.reference-net.jp/
日外アソシエーツ
http://www.nichigai.co.jp/

「最近の書誌図書関係文献」は、中西裕さんが「日本古書通信」に635回に渡って連載していた人気コーナーだが、2007年7月で終了していた。サイトに掲げられた「「最近の書誌図書関係文献」再開にあたって」で、中西さん自身が述べているが、このコンテンツに目をつけ、ウェブでの再開にこぎつけたのは、さすが書誌の版元である日外アソシエーツというべきだろう。

・「中西裕氏「最近の書誌図書関係文献」、インターネットで再開」(笠間書院のブログ、2008-02-25)
http://kasamashoin.jp/2008/02/post_386.html

日外アソシエーツ、レファレンスクラブを正式公開

日外アソシエーツ株式会社がレファレンスクラブを正式公開した(2004-06-01)。参考図書の新刊情報、図書館関係の最新ニュース、固有名よみかた検索、コラムなどがある。特に、固有名よみかた検索は、地名約6,000件、河川名約56,000件、神社名約16,000件、寺院名約8,000件、日本文学作品名約10,000件、歌舞伎・浄瑠璃外題(げだい:歌舞伎や浄瑠璃の題名)約15,000件、動物名約13,000件、植物名約15,000件、一般難読語約8,000件と、約16万7千語もの難読文字をを収録している。

・レファレンスクラブ
http://www.reference-net.jp/
・固有名よみかた検索
http://www.reference-net.jp/yomikata/
日外アソシエーツ株式会社
http://www.nichigai.co.jp/