2005-07-25(Mon):

社会学辞典的なデータベース「社辞郎」の構想というのをみつけた。こういう提案を目にしたのは久しぶりだ。21世紀COEプログラムの一環として取り組んでいるようだが、ぜひ実現させていってほしい。報告類を読んだうえで一つだけ感想を述べておくと、すでにあるインターネット上の知の共有の仕組みに対する過小評価には危惧を覚える。たとえば、2004年度研究活動報告「社会学データベース「社辞郎」に関する研究会の報告」によれば、研究会の討論で「 現在のWikipediaにはグランドデザインが欠如している。単に、基本的方針に賛同する者は誰でも記事を投稿したり編集したりできるというのでは、知のアナーキズムに陥りかねない」という意見が交わされている。「グランドデザイン」という言葉が何を意味しているのか、どのような意味で用いているのか、そもそもそれが定かではないが、グランドデザインがない、知のアナーキズムに陥るという指摘は、いささか拙速ではないだろか。あるいはWikipediaの現状に対する観察不足ではないだろうか。

・「文化的な多様性を進行形で投影する 社会学者の夢「社辞郎」」
http://www-soc.kwansei.ac.jp/coekosaka/jalskyward.htm
・第1回データベース「社辞郎」に関する研究会議事録(2004-03-28)
http://www-soc.kwansei.ac.jp/coekosaka/syajirogijiroku040328.htm
・「「社辞郎」とは何か」(2004-05-20)
http://www-soc.kwansei.ac.jp/coekosaka/whatissyajiro.htm
・「社会調査の思想・倫理・効用―21世紀COEプログラム:「人類の幸福に資する社会調査」の研究のめざすもの―」
http://www-soc.kwansei.ac.jp/coekosaka/hokokusyokosaka.htm
・「社会学データベース「社辞郎」に関する研究会の報告」(関西学院大学21世紀COEプログラム「人類の幸福に資する社会調査」 - 「社会調査の思想・倫理・効用」2004年度研究活動報告)(2004-12-25)
http://www-soc.kwansei.ac.jp/coekosaka/2004hokokusyo.htm
関西学院大学21世紀COEプログラム「人類の幸福に資する社会調査」の研究 - 「社会調査の思想・倫理・効用」
http://www-soc.kwansei.ac.jp/coekosaka/
関西学院大学21世紀COEプログラム「人類の幸福に資する社会調査」
http://coe.kgu-jp.com/jp/

国立社会保障・人口問題研究所、和英厚生労働行政辞典を公開(2002-12-02)

国立社会保障・人口問題研究所が「和英厚生労働行政辞典」を公開している(2002-12-02)。これは「厚生行政用語ポケット対訳集(英和)」(厚生省大臣官房国際課監修、1992年)をもとにしており、2002年に厚生労働省各部局から新しい用語の追加を受けて作成されたもの監修は国立社会保障・人口問題研究所。

・和英厚生労働行政辞典
http://www.ipss.go.jp/site-ad/yougo/gyousei.html
・国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/

オレンジ・ファクトリー、オレンジ辞書を公開

オレンジ・ファクトリーがオレンジ辞書を公開した(2004-08-19)。利用者が読み方のわからない言葉や漢字でどう書くかわからない言葉を登録しあい、補いあうことで成長していく「専門用語の読み確認と入力支援サイト」。現時点で約2000語を収録している。

・オレンジ辞書
http://www.human.ritsumei.ac.jp/project/project1/orange/

英語−日本語電気専門用語辞書が公開

英語−日本語電気専門用語辞書が公開されている(2003-07-04)。現在の収録語彙数は、約1万8千。

・英語−日本語電気専門用語辞書
http://www.geocities.jp/ps_dictionary/